自治会トップ  会員趣味の部屋      

    昔の金沢八景(立体地図)


             
江戸時代の金沢八景の様子を勉強する為の立体地図を作り、釜利谷西小学校に寄付しました。
子ども達に、昔のこの地の様子をリアルに知って欲しいと思います。また、大人にとっても
たった100年と少し前だが、今とは全く違った金沢八景の原型を知るのは興味ある事と思います。

 
江戸末期(元治元年1864年)の金沢八景

1854年にはペリー艦隊が金沢沖に停泊しました
 
瀬戸神社を中心とした平潟湾と内海
 
海から見た平潟湾と内海
 
瀬戸神社

瀬戸の秋月
 
六浦 昔唐船三艘停泊したので三艘の名がある

緑色のピンの所が金沢「八景」
 
内海から能見堂

 赤井、能見堂
 
夏山と関ヶ谷(水色の印は小学校位置)

大丸山と関ヶ谷の谷
 
大丸山
 
大丸山遠望
 
関ヶ谷 追越
 
夏島